何気ない日々の風景が美しく癒されます

 結婚して小さいアパートに引っ越しました。新生活での小さな幸せな出来事です。アパートの自分の部屋がある階までの階段や登ったとこで見える町の眺めや空の景色を見ることが楽しみです。いつもたいてい仕事や買い出しから帰ってきて「さぁこれから家事炊事の第2ラウンドだ」と思いながら、部屋まで階段を登っていきます。ちなみに今の私の中で仕事・買い出しが第1ラウンドです。少し早めに仕事が終わった時は、夕暮れ模様がグラデーションがかっていて、うっとりするほどとても綺麗です。先日の出勤の際は、曇り空からの朝スタートでしたが、途中お日様がチラッと見えたり隠れたりして絶妙な雲の動きやそのすきまからさす光の移り具合で照らされるの町の眺めが神秘的で何ともいえずきれいでした。いつもと変わった月が見れた時、嵐の時、稲妻が見れたり、雨上がりの時も、虹が見れたり、夜は少ないけれど星が見えたり…「うわあぁ今日は良いの見れたなぁ」と感動してしまいます。